北海道の国道の峠(6)[R231~R233]

2018年06月20日 20:24

気づいてみたら、なぜかR231・R232・R233を忘れてしまっていました…。
順番が前後してしまいましたが、いずれも留萌市を終点とする国道である三路線を紹介していきたいと思います。

[国道231号]
 札幌市から留萌市までを結ぶ国道。日本海オロロンラインの南半分に相当します。今でこそ札幌市から稚内市を結ぶ最短ルートを形成しますが、全線を通年で走行できるようになったのは1981年のことでした。

□送毛峠([石]石狩市)

bl-s620-r231c-08.jpg

 石狩市浜益区送毛と石狩市浜益区柏木を結ぶ山間地でありまして、かつては「送毛山道」と呼ばれる区間でした。1976年に送毛トンネルが開通して狭路区間が解消。更には2016年に新送毛トンネルが開通して線形がかなり良くなりました。今となっては、「送毛峠」という地名も意識されなくなってしまっているかと思いますが…。
 ちなみに上の画像は、2016年に新送毛トンネルが開通するまで利用されていた「送毛トンネル」です。今は使用されませんが…。

 このほか、最近復元されたことで話題の「増毛山道」もありますが、あまり峠という感じではないです。


[国道232号]

bl-s620-r232a-25.jpg

 稚内市から留萌市までを結ぶ国道。日本海オロロンラインの北半分に相当します。日本海沿いを走るという点では国道231号と同じですが、荒々しい地形を走る国道231号とは異なり、かなり穏やかで走りやすい地形となっています。
 そんなわけで、特に命名された峠というもの存在せず…。


[国道233号]

 旭川市から留萌市までを結ぶ国道ですが、重複を除けば実質的に深川市から留萌市までを結ぶ路線となっています。空知地域と留萌地域の境界が峠です。

□美葉牛峠([空]北竜町-[留]留萌市)

bl-s620-r233-q827501.jpg

 標高は102m。なだらかなところにあるのですが、一応はっきりとした峠です。現在は無料の自動車専用道路である深川留萌自動車道が並走しているので、交通量はほぼ皆無かと…。






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roadkawasaki.blog36.fc2.com/tb.php/378-e4fbe789
    この記事へのトラックバック


    最新記事