北海道の国道の峠(2)

2018年02月15日 06:02

□国道36号

bl-s215-r036r820 (070)
↑千歳市と苫小牧市の境界付近(峠ではないですが)

 札幌市と室蘭市を結ぶ路線で、札幌市から苫小牧市までの北海道を横断する区間、苫小牧市から室蘭市まで太平洋沿いに進む区間に分かれます。後半の太平洋沿いの区間は峠も無し。前半の横断区間は千歳市の南千歳駅付近が大分水嶺なのですが、あまりにも緩やかなので、特段峠という感じがしません。命名された峠もありません。


[国道37号]

 長万部町から室蘭市までを結ぶ国道です。全線がほぼ噴火湾沿いなのですが、険しいところを経由する関係上、海沿いながらも名称のある「峠」が存在します。

□静狩峠([渡]長万部町-[後]黒松内町)

bl-s215-r037r520 (636)

 長万部町と黒松内町の境界に位置する峠。現在は静狩トンネルで通過しまして、黒松内町側で標高238mとなっています。今でこそ噴火湾沿いには国道37号や道央自動車道、JR室蘭本線などが通過していますが、静狩峠と次の礼文華峠は海にほど近いところでありながらかなりの難所として昔から名をはせていました。当初の「札幌本道」も森町から室蘭までは陸路を使わずに海路で横断することとなっていましたし…。


□礼文華峠([渡]長万部町-[胆]豊浦町)

bl-s215-r037r520 (588)reb

 国道37号は長万部町から黒松内町に入り、その後再度長万部町に入ったかと思いきやすぐに豊浦町に入るのですが、その長万部町と豊浦町の境界にある峠です。静狩峠からほど近いところにあり、実際は礼文華トンネルで通過します。礼文華トンネルの長万部町側で標高239m。アイヌ語「レブンケップ」を雅に漢字で当てています。



[国道38号]

 滝川市と釧路市までを結ぶ国道。帯広市から先は特段大きな峠はなく、命名された峠も富良野盆地と十勝地域との境界だけとなっています。

□樹海峠([上]富良野市-[上]南富良野町)

bl-s215-r038f-23.jpg

 標高476m。富良野市と南富良野町の境界にあり、三ノ山(標高587m)の北東をまくような感じの位置です。実際に走ると、峠よりも急カーブであることに意識が行ってしまうと思いますが…。


□狩勝峠([上]南富良野町-[十]新得町)

bl-s215-r038e-40.jpg

 標高644m。上川地域と十勝地域の境界にある峠。国道38号のクライマックスとも言えます。現在の国道ルートは1967年に道路改良が完了したルートが元となっています。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roadkawasaki.blog36.fc2.com/tb.php/365-d6d87e72
    この記事へのトラックバック


    最新記事