信号小話3 現示サイクルの変遷

2017年04月18日 21:14

信号の現示サイクルは、現代の日本においては一般に「赤→青→黄→赤…」の二段重複式に統一されています。しかしながら、この現示方法についても色々と変遷がありました。

■1930年日比谷交差点(36)

前回の「信号小話2」で記述したとおり、日本の交通信号機(自動かつ灯火式)は原始的な「交通標板」やそれに付随した補助的灯火の時代を経て、1930年3月に日比谷交差点に設置されたものが最初です。当時は以下のような「三位式」のサイクルでした。

bl-r419b.jpg

赤→黄→青→黄→赤→黄→青というサイクルで、「青→赤」の間に黄点灯が入るほか、「赤→青」に変わる際も黄点灯が挟まりました。これは日比谷交差点に設置された信号機が米国のレイ・ノルズ社製であったことによるものです。その後は、この日比谷交差点で設置された信号機の現示方法がひとまず当時の標準方式になり、同年4月の警視庁訓令告示により信号の現示方法はこの「三位式」に統一されます。同年以降は東京駅前や京都駅前などにも国産の信号機が設置されていきました。

しかしながら、赤→黄→青と変化する際は「青が点灯されるまでは停止」のはずが、「赤→黄」と変化した時点で進行する通行者が続出。これが問題となりました。


■1932年東京洲崎・本所厩橋四丁目交差点(4)

1930年の訓令告示により「三位式」で規定されていた信号現示を改良すべく、1932年3月に東京の洲崎及び本所厩橋四丁目に「重複三位式」の信号機が試験設置されました。この現示方法は以下のとおりです。

bl-r419c.jpg

両方向とも全て赤になるタイミングが無いことを除けば、現在の「二段重複式」と同じです。結果的にこのサイクルを採用することになり、警視庁訓令告示にて現示方法を「三位式」から「重複三位式」に改めることとなりました。以後、この「重複三位式」がその後長らく続きます。

※なお、以上の沿革は警視庁管内の東京におけるものです。全国的にはまだ信号機の導入自体がまだの時代であり、上記の現示方法以外にも「二位式(青・赤)」や「二重現示式(青・黄・赤だが、黄点灯時は必ず青か赤が一緒に点灯)」も存在しました。

bl-r419e.jpg


■1970年全赤表示の導入(二段重複式)

重複三位式は前述のとおり一方の交通が「赤」の場合、もう一方の交通は必ず「青」または「黄」となります。全部の方向が「赤」になるタイミングは全くありません。この重複三位式であった現時方法が二段重複式に変更され、全部の方向が「赤」になる全赤表示を完全導入することに決めたのは1970年のことです。

bl-r419d.jpg

前々回の「青信号の点滅」で触れた「黄色信号」の話に関係しますが、それまでの黄信号は「停止(例外認めず)」であり、黄信号の時に「交差点の中の車両は交差点からすぐに出ろ」という意味でした。これが全赤表示の導入により、黄信号は「停止、ただし急ブレーキになるときは例外」、赤信号は「停止、交差点の中の車両は交差点からすぐに出ろ」という意味に変わりました。
しかしながら、全部の信号機に全赤表示を導入するのは困難であったことから、1970年3月末までに主要な信号機のみ全赤表示を実施し、その他緊急性薄い信号機については予算措置の目処がつき次第順次対応されています。

 
信号機の灯火の意味については政令で定められていますが、現示方法は狭義の法令ではなく、通達・要領の世界となっているようです。もしかしたら、現在の現示方法も将来変更される日がまた来るのかもしれません。実際に現在の二段重複式(全赤表示)でないサイクルも法令上は採用できる可能性もありそうですが、黄色点灯時に赤か青が同時点灯する二重現示式だけは法令に根拠の無い現示となってしまうため無理でしょうね…。

※ちなみに、今回記述した各現示方式の名称(「●●式」)は、「三位式」「二位式」はともかくとして、今となっては運用沿革の場面でのみ出てくる用語となってしまったようです。おそらくネットで検索しても出てこないと思いますのであしからず…。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roadkawasaki.blog36.fc2.com/tb.php/331-2fb55756
    この記事へのトラックバック


    最新記事