FC2ブログ

本四高速の決算書を大真面目に財務分析してみる

2016年08月18日 21:56


本州四国連絡高速道路株式会社(本四高速)のH28/3期決算が出てからすでに2カ月が経過しようとしていますが、今更ながら本四高速の決算書を大真面目に財務分析してみたいと思います。
こんなことやって意味あるのか!?と自問自答しながらでしたが(笑)。


まず貸借対照表から見てみます。

bl-q818a.jpg bl-q818b.jpg

bl-q818d.jpg
↑ざっと見てみるとこういう構造です。
これってちょっとした優良企業の財務構造だったりします。
流動資産だけで流動負債と固定負債がカバーできますので…。

財務指標も出してみますと…。

○流動比率=流動資産28,721百万円÷流動負債12,776百万円=224.8%
○当座比率=(現預金14,410百万円+高速道路事業営業未収金6,010百万円)÷流動負債12,776百万円=159.8%
※当座比率はとりあえず現預金のほか、売掛金に相当する営業未収金のみで算出しました。有価証券は公企業の性格上、売買目的かどうかは微妙ですので除外しています。


短期的な安全性ではかなり優良です。
流動比率はゆうに100%超、当座比率も100%超を確保していますので。

○固定比率=固定資産17,972百万円÷純資産14,683百万円=122.4%
○固定長期適合比率=固定資産17,972百万円÷(固定負債19,234百万円+純資産14,683百万円)=53.0%
○自己資本比率=純資産14,683百万円÷総資産46,693百万円=31.4%


財務バランスもまぁ良好です。固定比率こそ100%超となりましたが、固定長期適合比率は100%未満となっています。
自己資本比率は31.4%で、そこそこといったところではないでしょか。


続いて、損益計算書を見てみます。
bl-q818c.jpg

「高速道路事業営業損益」と「関連事業営業損益」に分かれているので、売上高・営業利益には触りませんが、経常利益は713百万円、税引後当期純利益は513百万円と記載されています。よく「本四高速は赤字」という書籍や言説がありますが、表面的には黒字となっています。

○ROA=税引後当期純利益513百万円÷総資産46,693百万円=1.1%
○ROE=税引後当期純利益513百万円÷純資産14,683百万円=3.5%
※売上高や営業利益がちょっと特殊なので、ここでは上の指標のみに留めます。


収益性も意外とそれなりの数字が出ています。
ROAやROEも、個人的にはもっと低いと予想していましたが、意外と健闘の数字が出ています。


じゃあ何が問題なのか?
個別注記表にさらっと記載されたこの箇所です。
bl-q818f.jpg
つまり、「決算書に記載されていないリース負債が存在する」というわけですね。
総資産467億円の企業が、1兆7663億円のリース負債の残高を有するという状態でありまして、これをファイナンスリースではなく、オペリーティングリース的な扱いにすることで決算書の記載対象から除外している…という感じでしょうか。
リース負債合計1兆7663億円、うち1年の返済分が384億円ですので、このペースだと返済期間は残り46年となります。

もしも、このリース負債を決算書に加味したらどうなるか?
こんな感じになります。
bl-q818e.jpg

ということで、本項の前半部で大真面目に財務分析をやったところですが、リース負債の存在を考えたらまったく意味がなくなってしまいました(笑)。これだと、リース資産の簿価をどのように評価するかによって資産額がまったく変わってきますので、資産超過であるか債務超過であるかはまさしく紙一重の状態となります。

「本四高速は大赤字」という書籍・言説もたまに目にしますが、本来的には正しい言い方ではありません。複式簿記がわかる方ならば、「赤字」と「CF不足」くらいは普通にわかると思います。
(「資金繰りが赤字」という言い方はあり得ますけどね…。しかも、いろんなところから予算を引っ張ってきていることでしょうから、それらを除くと赤字か黒字か??という議論もあり得るでしょう…。)

実際のところ、本四高速の株式会社化というのも色々な矛盾を抱えての出発だったと思いますし、その矛盾の一端が決算書にも現れていると思っています。個人的には公的性格を有する企業である以上は利益を出せばよいというものでもないですし、かと言ってこのまま(実質的)有利子負債を放置するわけにはいかない、しかもNEXCOと統合させるにはあまりに負債が巨額すぎる…。今後とも議論は続くものと考えます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roadkawasaki.blog36.fc2.com/tb.php/307-a19d7b81
    この記事へのトラックバック


    最新記事