国道274号日勝峠10月末通行止解除予定

2017年08月24日 20:50

bl-r824a.jpg
↑北海道開発局の8月22日付プレスリリース資料より

既に新聞やテレビなどで報道されておりますが、北海道開発局及び東日本高速道路株式会社北海道支社が8月22日にプレスリリースしたところによると、昨年8月末以来台風で通行止になっている国道274号日勝峠区間の通行止解除予定が「平成29年10月末まで」になったとのこと。
国道274号日勝峠の復旧時期は、昨年11月に北海道開発局より「平成29年秋頃」という発表がなされた後でしばらく音沙汰無しの状況が続いており、「さすがに今月末には何らかの発表が出てくるのではないかな…」と思っておりましたが、やはり暦の上でも「秋」となってしまう9月になる前に開通見込みが出てきたようでした。
道東自動車道も良い路線ですが、やはり国道274号も重要な幹線道路であることには間違いないので、開通見込みだけでも具体的に発表されたのは喜ばしいことかと思います。

ここにきてちょっと思うのが、道東自動車道への評価です。
高速道路建設の是非や道路公団民営化の議論の際、「無駄な道路」として必ずやり玉に挙げられていたのは、この道東自動車道でした。その道東自動車道が、昨年の台風で一時的に通行止とはなったもののいち早く復旧。一方で、国道38号は12日後、国道273号(三国峠)は9月30日に復旧、JR根室本線→石勝線ルートは12月まで運休、そして国道274号は開通見込みが発表されたとはいえ台風災害から1年以上経ても通行止のままです。距離・経済性の面でいえば、実質的に唯一残ったといえる道東自動車道が道東からの物流を紙一重で支えてくれたわけでありまして、道東の経済団体の方に話を聞けば皆さん口々に「道東自動車道がなければ、道東経済は壊滅していた」と語ります。(当方自身も業務で道東方面に行く際は、普段なら特急一本で行けるところ一日3往復しか運行されないJR臨時特急→代行バスに乗るか、予約が取りづらかった都市間高速バスを使うなどかなりの不便を強いられました。もっとも、道東道がなければそもそもバスすら運行できなかったわけでありまして…。)

bl-r824b.jpg
↑札幌駅発トマム行きの臨時特急(2016/11、札幌駅にて)

今回の事象については「今回の台風が未曽有なものであってたまたま道東自動車道が役に立っただけ」「国道38号や国道236号ルートで代替できる」と言う見方もありうるかもしれませんし、「実は道東自動車道は無駄な道路ではなかった」という見方もできるかもしれません。考え方はいろいろと思いますが、これまで道東自動車道への論評をされた方におかれましては、その是非によらず、今回の台風災害によって発揮された道東道の機能と、それらが与えうる今後の道路行政への影響について、現時点での総括をお聞きしたいものだな…と思っております。
自説を変える必要があると考える、自説を変える必要がないと考える、いずれであるにせよ。


スポンサーサイト


最新記事