「北が拓ける200キロメートル達成記念」

2016年06月26日 20:13

bl-q626a.jpg

再び道央自動車道の砂川SAにて。

こちらには緑地帯に羊のモニュメントが設置されています。
娘は「ひつじた~ん(はーと)」と言って遊んでいました。
北海道のSAやPAでは無人施設が多い中で、展望台や公園的なところなど、工夫をこらしたところが多いように思います。

bl-q626b.jpg

↑そんな中で見付けたのが変な物体。
なぜか植え込みで見えなくなってしまっています。
もしや…と思い裏に回ってみると…。

bl-q626d.jpg

「道央自動車道
 美唄-滝川間
 1988・10・8 開通
 題字 日本道路公団札幌建設局 局長」


これって、いわゆる開通記念碑ですね(!)

bl-q626c.jpg

↑そして、表側に回ると
「北が拓ける
 200キロメートル
 達成記念」

と記載されていました。

部分開通を重ねて札幌ICから旭川鷹栖ICまで道央自動車道で行き来できるようになったのは1990年のこと。
よって、この記念碑は道央道の札幌~旭川の全線開通記念碑というよりは、単に道央道か北海道内の高速自動車国道の供用済み延長が200kmを超えたことを記念して設置されたようです。

bl-q626e.jpg

↑それにしても、わかりづらいところにあるこの記念碑。
記念碑のすぐ前に植え込みが形成されているため、通路を歩くとまず気づくことができません。
旧道路公団やNEXCOにとって、ひょっとするとタブーな石碑なんでしょうか…。

[KAWASAKI-HQ6199]
スポンサーサイト


最新記事