標識の斬新な解釈によるオリジナルデザイン

2015年08月29日 07:18

bl-p829c.jpg

公道の標識ではなく私設の標識であるため、当サイトの「その他」に掲載せずブログに掲載しますが、あまりにも既往の標識を斬新に解釈しすぎているような標識です。

まずは一枚目。
モチーフは「自動車専用道路」から持ってきたようですが、この標識が意味するところは…。

bl-p829a.jpg

何と「一旦止まれ」!?
確かに、自動車マークの下に停止線を引くことで何となく一時停止を意味しているように見えますし、「自動車専用道路」の青地丸囲みではなく赤地四角形の標識で異なる様式となっていますが、それでも「ここは自動車専用道路なのか!それならば歩行者は気にしなくても良いな~」という誤った解釈につながりかねないように思います。

続いて二枚目。
こちらは「歩行者専用道路」から持ってきたようですが、この標識が意味するところは…。

bl-p829b.jpg

「横断者あり注意」
「歩行者専用道路」でおなじみのパパと娘マークの下に横断歩道のゼブラマークを追加しています。こちらは一枚目の標識に比べれば何となく良心的な気もしますが、そもそも「自動車専用道路」もどきの標識と「歩行者専用道路」もどきの標識が同時に出ていること自体がちょっと変ではないかと…。

設置されてから相応の歳月を経ていると見られる標識ですが、デザインした方のご意見をちょっとお聞きしたい気分になってきますね…。

[KAWASAKI-SKY230]
スポンサーサイト


最新記事