浜名橋梁群(2)

2015年02月26日 23:12

前回の続きです。

(4)中浜名橋

bl-p226aa.jpg

こちらは国道1号現道で浜松市西区と湖西市の境界に架かる中浜名橋です。
車道の方は右へと微妙にカーブしているのが特徴的。

bl-p226ab.jpg

…と言いますのも、車道の右側(北側)にまた別の橋があり、そちらは歩行者専用道路となっているんですね。
両側には植え込みがあり、小さな緑地帯となっています。

bl-p226ac.jpg

歩行者専用道路となっている橋梁を更に右側(北側)から見た図。
実は中浜名橋は新橋梁と旧橋梁の二種類が存在しまして、新橋梁は最初に説明したとおり車道用の橋梁。旧橋梁は1932年に竣工したアーチ型橋梁でありまして、現在は歩行者専用道路となっています。総工費は165,459円14銭だったとか。



(5)西浜名橋

bl-p226ba.jpg

更に国道1号現道を西へと進むと、新弁天と新居町新居の間にも橋梁がありまして、こちらは「西浜名橋」と言います。
先ほどの中浜名橋に比べると橋梁長は短いです。

bl-p226bb.jpg

そして、この西浜名橋も旧橋梁と新橋梁が併存しており、旧橋梁が歩行者専用道路となっています。
ちなみに「中」と「西」があるならば「東浜名橋」もあるんじゃないか…と考える人も出てくるかもしれませんが、中浜名橋の東側にある橋梁は「弁天橋」または「弁天大橋」となっており、「東浜名橋」は存在しないです。



(6)浜名橋

bl-p226ca.jpg

それでは、「西」も「中」も「湖」も「大」もつかない、純粋な「浜名橋」はあるのか?…といいますと、これがあります。
国道301号を走っていくと、湖西市新居町新居にちょっとこった意匠の橋梁がありまして、こちらが「浜名橋」です。

bl-p226cb.jpg

まぁ、江戸期の東海道はこの辺では国道301号ルートが相当しているので、街道情緒の感じられるデザインにしたのかもしれません。新居の関所なども現存していますので…。


実は更には浜名川に架かる「元浜名橋」と言う橋梁もあったりするのですが、全部回ると浜名湖をほぼ一周してしまう位置関係となります。歩くことが趣味な方、橋が大好きな方、浜名湖を愛する方は一度全ての橋梁を回ってみるのもよいかもしれませんね。

スポンサーサイト


最新記事