日本国道点 (富津交差点 R16端点)

2012年11月23日 18:47

bl-my23zz.jpg

千葉県富津市にある富津交差点。
走っている分には全く普通の生活道路の交差点という感じですが、東京30km圏を結ぶ国道16号がここで途切れるという端点になっています。

1 国道16号側より

bl-my23aa.jpg bl-my23ab.jpg

↑ 国道16号側より走ってきたところ。
この富津交差点から先は、直進方向も左折方向もr255となり、R16はここで途切れることとなります。
案内標識のうち、左折方向のr255のヘキサについて「おにぎりの上にヘキサを貼り足したんだな~」という感じですが、r255のヘキサの下にはR465のおにぎりが隠れているものと思われます。


bl-my23ac.jpg
↑ そしてこれが富津交差点。とても国道の端点とは思えない感じです。
まぁ、東京30km圏で重要な路線となっている国道16号も、千葉県君津市大和田からは生活道路のような雰囲気に変わるので、その延長上となるとこんな感じになるんですよね。対岸にある横須賀市走水も似たようなもので…。


2 r255を南側(富津市佐貫側)より

bl-my23ba.jpg bl-my23bb.jpg

r255を南側より走ってきたところ。
T字路があって、国道16号は右折となります。
左折方向は富津岬。どうせ横須賀市~富津市で海上区間を設定するのであれば、R16も富津岬まで行って良かったような気がしますが…。なぜこんなところが国道の端点となったのかはやはり謎です。


3 r255を西側(富津岬側)より

bl-my23ca.jpg bl-my23cb.jpg

r255を西側(富津岬側)より走ってきたところ。
直進方向に進むとR16に入ります。右折方向はr255。こちらの案内標識の右折方向については、特におにぎりの上にヘキサを貼り足したような感じは無し。

ちなみに、以前はこの富津交差点に国道16号端点を示す標柱があったとのことですが、当方が探してみても見つからず…。R465のバイパス化に伴って古い標柱は撤去してしまったのでしょうか…。

スポンサーサイト


最新記事