国道1号静清バイパスの二点間比較(東名高速清水IC付近)

2012年07月21日 09:48

国道1号静清バイパス下り線の東名高速清水IC前後における景色の変化です。
新東名の開通以外にもちらほら変化がありまして…。

1 R1静清バイパス下り 東名清水IC手前

↓2009/4撮影
bl-m721ba.jpg

↓2012/3撮影
bl-m721bb.jpg

見ての通り、一番変わったのは正面の道路情報掲示板です。
2009/4のものは昔ながらの2色LED(赤+緑)でしたが、2012/3のものは3色LED(赤+緑+青)に変更されています。基本的に新東名高速が関係するものは、2012/4の新東名高速開通までに各地で3色LEDに付替えがなされたようでした。

あと、道路情報掲示板の右側にある「東名高速清水IC200m」の標識も公団ゴシックからヒラギノに変更されています。2012/3撮影のものは、更に右側の支柱に無地の標識らしきものが設置されていますが、新東名高速道路開通後は白色の覆いがはがされて「新東名高速」の案内標識がお目見えしています。


2 R1静清バイパス下り 東名清水IC先

今度は、東名清水ICを通過したところです。

↓2009/4撮影
bl-m721aa.jpg

↓2012/3撮影
bl-m721ab.jpg

まずは、左側にあった三菱自動車の販売店が「すき家」に変わりました。
その後方にある「清水鑑定団」や「ケンタッキーフライドチキン」はそのまま。

更に、2009/4当時は画像の奥に特に案内標識はなかったのですが、2012/3までにはいわゆる門型の案内標識が設置されています。この先の信号機を通過すると、R1静清バイパスが自動車専用道路区間に変わるのですが、この先で更に本線車道と側道への分岐があるためにかなりわかりづらい交差点でした。
現在は「左折1レーン+直進(静清バイパス側道)1レーン+直進(静清バイパス本線)2レーン+右折1レーン」と一応わかるように改善されたので、以前よりは誤進入が減ったこととは思います。(それでも、せめて「静清バイパスは右へ寄れ」などの標識がもう少しあるといいんじゃないかな??と思いますが)

新東名開通で色々と変化のあった静岡ですが、それでも静清バイパスは一部区間の四車線化などが継続して進められており、完成形になるまでいましばらくは変化が続くことと思います。





スポンサーサイト


最新記事