国道17号三国トンネル

2009年01月25日 15:04

東京・日本橋と新潟市を結ぶ国道17号。
全線走破する場合は、群馬県と新潟県の境に位置する三国トンネルが一つのクライマックスとなります。

三国トンネル2
(↑三国トンネル・群馬県側入口より)

群馬県側はかなりの標高差があり、麓にあるみなかみ町吹地から急カーブ・急勾配の道のり8kmを走って、ようやく三国トンネルに至る感じです。険路(?)を走り、三国トンネルに到達したときは、いつも充実した達成感に包まれてしまいます(笑)

一方の新潟県側はトンネルを抜けて2kmくらい走ればすぐに苗場リゾートに出てしまいます。その後も国道17号沿線に、田代・三俣等のスキー場が並んでいるので、群馬県側と比べると結構にぎやかな感じがあります。ただし、湯沢町の市街地までは三国トンネルから20km以上先のところにあり、それも最後の最後の芝原・神立辺りで豪快なヘアピンカーブも待っているので、走行には注意が必要です。

三国トンネル1
(↑三国トンネル・新潟県側より内部を望む)

トンネルの内部はこんな感じ。1957年に完成した古いトンネルであるため、幅員は狭め。現在、老朽化した従来のトンネルに代わる「新三国トンネル」が計画中なのだとか。ちなみに、作者が身をもって言うことですが、トンネルを境にして南北で気温が急激に変化することもしょっちゅうです。特にライダーの方は体調管理にご注意を…。
スポンサーサイト


最新記事