北ガス広告における北海道全市町村のカントリーサイン

2018年02月17日 22:03

bl-s217c.jpg

昨日の北海道新聞に掲載された北海道ガスの広告。
北海道の全市町村のカントリーサインの標識を並べて、「北ガスの電気は全道の市町村で使われています」と表現しています。道路マニア的にはうれしい広告ですね。

bl-s217d.jpg
↑芦別市は旧デザインが掲載されている

…と言いつつも野暮のことを少しだけコメントさせていただくならば、まず「芦別市」のカントリーサイン。
かつては赤毛のアンと星をモチーフにしたデザインでしたが、現在は星だけのものに変更されています。なぜか古いデザインのカントリーサインが掲載されてしまっているんですね…。

bl-s217a.jpg
↑現在の芦別市の(新)デザインのカントリーサイン

「芦別市」の新デザインでは「星」、旧デザインでは「星」「赤毛のアン」が登場しますが、星については周囲を山に囲まれることで天然のプラネタリウムという地形に由来。これはまぁよいでしょう。
一方の「赤毛のアン」は何だろうかと思ってしまいますが、これは炭鉱閉山に伴う産業の受け皿として1990年に第三セクターで開設された「カナディアンワールド」にちなむものでした。文字通りカナダをテーマとした施設であり、その一環で「赤毛のアン」も登場していることから、芦別市のカントリーサインの旧デザインに採用されました。それにしても、なぜ芦別市の山中でカナダなのか?という疑念は消えません。
結局入場者数は低迷し続け、「カナディアンワールド」は1997年に閉園。その後、1999年に市営の「カナディアンワールド公園」として開放され、現在も一応は残っています。同じようにバブル期に開演した帯広市のテーマパーク「グリュック王国」は入場者数減少により閉園後は一度も入場できない状態となっていますが、「カナディアンワールド」もいずれは改修費を市が拠出できなければ早晩同じような運命をたどることになるのでしょうか…。

bl-s217b-q828-866.jpg
↑現在の「カナディアンワールド公園」

三笠市、岩見沢市や赤平市なども同様に最近カントリーサインが変更されていますが、そちらの方は全て新しいデザインのものが掲載されています。芦別市の分だけは校正モレが発生してしまったのか…。


そして2つ目にコメントさせていただくと、カントリーサインを並べた末尾にそれとなく北海道ガスのキャラクターである「てん太」が登場しています。全く違和感がなくてかわいらしいですね(^o^)/

bl-s217e.jpg

北海道の全ての市町村を表現すると場合には、カントリーサインを使うというのはある意味効果的な表現方法かもしれません。なかなか楽しませていただいた新聞広告でした。


スポンサーサイト

首をかしげる40

2017年07月26日 23:33

bl-o726b.jpg

傾いている「速度制限40km/h」の規制標識です。
何だか標識が首をかしげているようにも見えるのは、気のせいでしょうか…。

bl-o726a.jpg


[KAWASAKI-Bo4278]

冬道車間

2017年04月26日 21:43

bl-r426b.jpg

一般に高速道路の車間確認で「確認基点0m」「50m」「100m」という標識が見られますが、道央自動車道などでは「冬道車間」という標識も設置されています。おおむね「制限速度(km/h)×2」をメートル値にしているようで、80km/hの区間では「冬道車間160m」、100km/hの区間では「冬道車間200m」と記載されているようでした。

この時期はタイヤ交換を済ませた車両とそうでない車両の双方が車道を行き交いますが、北海道はおろか内地でも四月に雪が降ることはそんなに珍しいことではありません。(秋田では五月に雪が降ったこともありましたし…。)
もう雪が降りませんように…と祈りつつ、意外にこの時期は雪の危険が増している時期なので、注意が必要だと思います。

bl-r426a.jpg

[KAWASAKI-DQ5012]

ここは首都高出口自転車歩行者立入禁止

2016年08月29日 21:13

bl-q829.jpg

柵のように見えますが、ラバーポールに樹脂板のようなものを取り付けているようです。
ラバーポールはこんな使い方もあるのか!!…とちょっと感心してしまいました(笑)

ただ、雪国では除雪の関係でラバーポールの傷みが著しく進みますので、太平洋側でしかこういう使い方はできないでしょうけれど…。

[KAWASAKI-SQ8262]

新基準調査起点

2015年09月26日 21:03

札幌市内の国道336号で見付けた標識。
「新基準調査区間 起点 SP300」とあります。
ただ、「起点」とあるのに対して、特に「終点」を示す標識は無い様子。

bl-p926a.jpg
↑「新基準調査区間 起点 SP300」

何の標識だろう…?と考えてみましたが、「SP」は「札幌」というよりは「測点」の意味と考えるのが妥当かな…というところ。更に周囲の地図を見ても特に河川の絡みではないような様子。そんなこんなで色々調べてみると、北海道開発局のHPに「新基準調査」という道路舗装調査をやっている記載がありまして、どうやらその関係なのかな…というところです。

bl-p926b.jpg
↑北海道開発局のHPより引用
(http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_jigyou/bosai/invest/main07.html)

あくまでも調査のために設置されたものでしょうから、一般車両に向けて周知することを狙いとしていないと思いますが、予算が許す限り「道路舗装の試験調査です!」みたいな文言を入れていただければ、一般人の間でもちょっとした話題になって良いのかもしれませんね…。





最新記事