交通集中による速度規制

2017年05月20日 19:36

bl-r520b.jpg

東北自動車道にて。
渋滞には至っていないけれど、混雑が始まっているため速度を規制する…。
作者KAWASAKIは田舎者ですのであまりこういう規制に出合ったことはなかったのですが、こういう規制ってあるものなんですね。

bl-r520a.jpg

考えてみれば、至極合理的な規制ではないかなと思います。

[KAWASAKI-TR5047]
スポンサーサイト

2017/05 今月の画像(国道243号美幌峠)

2017年05月01日 17:04

bl-r501.jpg

国道243号の美幌峠です。
北海道の美幌町と弟子屈町を初めて行き来した方は、必ずこの景色に息をのむのではないでしょうか。

正面奥に見えるのは屈斜路湖。
厳密に言うと画像の方向は美幌町ではなく弟子屈町なのですが、まぁ峠名称にちなんで当サイトのトップページには「美幌町」と記載させて頂きました。

[KAWASAKI-QQ8129]

2017/01 今月の画像(R230中山峠)

2017年01月01日 19:20

bl-r101.jpg

本年最初のトップページ画像は、国道230号の北海道喜茂別村。
中山峠まで9kmの地点です。

国道230号の中山峠は標高831mでありまして、北海道の峠の中では割と高い部類に入りますが、線形面がよくできているためか、冬道でも幹線道路として十分機能できる構造となっています。
もっとも、当然に冬道ですので運転は慎重に…というところです。

本年もどうぞよろしくお願いします。

[KAWASAKI-HQ1177]

安房峠道路平湯料金所の二点間比較

2016年11月26日 23:01

国道158号の安房峠道路にある平湯料金所です。
長野県松本市と岐阜県高山市を結んでいる有料道路ですが、下の画像はいずれも松本市側から高山市へと走ってきた時(西行き)の料金所です。

bl-qy26a.jpg
↑こちらは2012年撮影のもの。
西行きの場合は3つのゲートのうち1箇所のみが開いていました。

bl-qy26b.jpg
↑そしてこちらは2014年撮影のもの。
中央レーンがETC専用レーンとなりましたが、「一旦停止型ETC」とあるとおり、徐行通過ではなく一旦停止が必要です。例えるならば、高速道路でスマートIC(ETC専用出口)を利用した際のものと同じような感じでしょうか。ただ、スマートICのようなしっかりとしたゲートはなく、通常のETCゲートのような作りの遮断機が設置されているだけです。

そして、左側は「一般[精算機]」、右側は「一般」となり、調査日当日は左側の精算機のレーンは開いていました。
いずれ一旦停止型ETCでもない普通のETCゲートになるかな~と思いましたが、料金所のすぐ先が交差点になっていることも考えて一旦停止型のETCゲートを採用したとも思えてくるうえ、中部縦貫自動車道がここから延伸する際に有料or無料区間のいずれになるかということも係わってくるので、下手な推量を行うことはやめにしました(笑)。

[KAWASAKI-SM5124]
[KAWASAKI-AOI15T]

新潟市道路元標

2016年11月19日 20:20

先月に紹介した新潟市の本町交差点ですが、こちらには道路元標も設置されています。これによって、一応国道の起終点である風格は備わっているんですね(??)。

bl-qy19aa.jpg
↑こんな感じで交差点の角に色々と設置されています。

bl-qy19ab.jpg
↑「新潟市道路元標」
旧道路法仕様の石柱です。

bl-qy19ac.jpg
↑「道路元標」の解説。
『この道路元標は大正八年(1919年)道路法制定時に初めて木柱で設置されたがその後大正十一年(1922年)内務省令により現在の石柱に建て替えられたもの』とのことです。

bl-qy19ad.jpg
↑「里程標」
本町交差点を起終点とする8路線の国道が記載されています。

bl-qy19ae.jpg
↑日本橋の「日本国道路元標」を模した円形の元標も設置されていました。

 
…と言うのが新潟市道路元標なのですが、実は現在の道路元標に係わる里程標などは2005年3月に再整備されたものです。
2003年時点の道路元標回りはこんな感じでした。

bl-qy19ca.jpg
↑2003年時点の本町交差点の道路元標。
柵もあったりして、何だかありがたいような近寄りがたいような…と言う感じでした。

bl-qy19cb.jpg
↑2003年時点の本町交差点の里程標。
「昭和五十五年十月 建設省北陸地方建設局」とありまして、この里程標(旧)が設置されたのは1980年のこととわかります。本町交差点を起終点とする国道のうち6路線しか記載されておらず、国道350号と国道402号は記載されていません。国道402号は1982年に国道指定されたために、1980年時点ではまだ存在しなかったためと思われます。国道350号は1975年に国道指定されているために1980年設置のこの里程標に記載されても良かったはずなのですが、なぜ記載されなかったのかはちょっと推測できず…。

個人的には1980年設置の里程標の方が立派に見えるように思います。
耐久性の面でも、1980年設置の方がより長く残ってくれていたのではなかろうか…と。

新潟市道路元標についてはブログ記事でもう1回引っ張る予定です。

[KAWASAKI-GQ9090]



最新記事